ワイン

2021年11月19日 (金)

ボージョレ・ヌーボー あさひやの2021

ボージョレ・ヌーボーの発注は、その年の8月、9月です。

ワイン🍷は、農産物と言われるように味わいは、天候に左右されます。天候不順と報告のあった2021。

今年は、ご予約のお客さま方がいい笑顔になるヌーボーを販売できるのだろうかと解禁日までの間、そわそわします。

しかしながら、信じた造り手さんは、今年もバランスの良いおいしいヌーボーを私たちに提供してくれたようです。

数名のお客さまからいいご感想をいただきました!

ありがとうございます♪

関わった全ての方に感謝です。

| | コメント (0)

2020年12月25日 (金)

唐揚げとスパークリングワイン

6271b18f4f1d4369bb0deaced0555135

メリークリスマス🥂

寒さが緩んで活動しやすいクリスマスイブ🎄になりました。

ホワイトクリスマス❄️☃️もロマンチックだけど、この歳になると寒くない方がありがたい🥰

我が家のクリスマスは、毎年、自由が丘 唐揚げとよ田さんの唐揚げのテイクアウトです。

「ドニャ パウラ サヴェッジ ブリュット ナチュレ」は、ドンピシャのマリアージュでした😋

アルゼンチン🇦🇷のスッキリ辛口スパークリングワインです。

ぶどう品種は、ソーヴィニヨン・ブラン。



| | コメント (0)

2020年9月 9日 (水)

おすすめワイン

9534bfe11e694d65b0bbdf4ab844dbcc

8月末の土日に試飲販売したワインです。

スペイン ガリシア州の辛口白ワイン、「フロール デ ヴェラーノ」。白い花、りんご、洋梨の香り、柑橘系果実の酸味、塩味を感じるミネラルが特徴。この夏人気のワインです。

イタリア ピエモンテ州の辛口ロゼワイン。ロベルト サロット「ランゲ ロザート」。グラスを回すとオレンジの花のような香りがします。すっきり辛口加減が絶妙にいいロゼワインです。

フランス ボルドー地方の赤ワイン。「シャトー ミュレ」なんと言っても2012ヴィンテージがこのワインの味わいの良さを引き出しています。柔らかなタンニンが魅力的。暑い季節の試飲販売でしたが、好評でした。

引き続き販売しております。

| | コメント (0)

2020年8月 9日 (日)

果物をかじったようなフルーティな白ワイン

5f8c45dd9f8747a49e60b9759767898c

透明、輝きのある淡いレモンイエロー。

フリージアのような花の香り、フルーツで例えるならば白桃、洋梨、パイナップル。

とてもフレッシュでレモンやグレープフルーツの酸味、フルーティなアフターフレーバーの辛口白ワイン。

フランス ベルジュラックのソーヴィニヨン・ブラン100%。

シャトー デ ゼサール マノ ア マノ 2018

| | コメント (0)

2020年8月 3日 (月)

和のスパイスにも合う!

D8917629e5ca4a12acd71e11356d73fd

南フランスの赤ワイン。¥1,500以下で嬉しい味わい。シラー65%、グルナッシュ35%。フルーティでスパイシー、しっかりしたボディでありながらのみ心地の良い赤ワイン🍷

ちょっと温めた豆腐にお醤油をかけて合わせてみたらジャストミーートって感じでした。豆腐の旨みと醤油のコクがワインにピターッと!

息子の食べていたピリ辛な山椒の風味のスナック菓子とも合いました。

アルノー シェ ラ ヴィ ダルノー コルビエール 2016


| | コメント (0)

2020年8月 2日 (日)

7月末の試飲販売のワイン

7f65d90d07344dcbb63fe6f062c7a6e5

7/25(土)・26(日)のワイン試飲販売。

ドメーヌ ロジエ クレマン ド リムー テール ド ヴァルロング 2017  税込¥1,980

きめ細やかな泡、滑らかな舌触り、フルーティで香りや味わいにる複雑味は、熟成期間を感じます。かといって熟成香⁈よりはフレッシュ感!当店では、人気スパークリングワインでレギュラー選手です。


ファットリア パガーノ ファランギーナ ヴァンデンミア タルディーヴァ ロッカモンフィーナ ビアンコ 2019  税込¥1,870

常温の状態で開けた時は、辛口表示なのにだいぶ甘く感じました。よーく冷やすと締まって余韻のコクが深く舌から喉にかけて心地よい。お客さまにも好評でした。試飲の残りを持ち帰り、炭酸水で割っても美味しかった。


ラ ルミーズ ド ラ モルドレ ルージュ マルセロン 2019  税込¥2,480

SO2(酸化防止剤)無添加。もちろんぶどうは、有機栽培です。ヴィンテージ2019なので香りや味わいがとてもフレッシュで色も少し青みのある濃い紫。マルセロンという珍しいぶどうは、カベルネ・ソーヴィニヨンとグルナッシュの掛け合せ。

酸化防止剤無添加の後味のしなやかさがあり、お客さまにも好評でした。個人的には、もう少し熟成してからの方が好みです。


| | コメント (0)

2020年7月19日 (日)

やっぱり好きだなぁ、ボルドー白ワイン

急に晴れて暑くなりました。

自宅から店にくる途中、

トンボ発見!そして蝉の声。

夏ですね。

A78fb32d965a4090992cfd6faa5ac2da

フランス ボルドー地方の辛口白ワイン。

ソーヴィニヨン・ブランとセミヨンのアッサンブラージュ。

パセリやセルフィーユなどのフレッシュハーブ、レモンを使った魚料理にピタッと合いそうです。

近所のスーパーで買ったディル風味のピクルスとは相性ばっちりでした。

7/21,8/2は、土曜の丑の日。

うなぎの白焼きにも合わせてみたい。

本日、試飲できます。

| | コメント (0)

2017年11月 9日 (木)

井筒ワイン 無添加新酒 入荷‼️

ひさびさのブログ投稿です

長野県塩尻市のワイン
井筒ワイン 無添加新酒が入荷しました!






11月と12月 2回入荷します。
売り切れたらまた、この時期にならないと入ってこないのです。

無い期間もときどき求めていらっしゃるお客さま。
お待たせいたしました

今年のラベルには、
日本産のぶどうを使い
日本で醸造したワインに
表示できる「日本ワイン」の文字が!

紛らわしいことに
輸入ワインや輸入果汁で作ったワインは、
国産ワインと表示されていますが、
それらと区別するべく
2018年10月には、
全ての「日本ワイン」に記載されることになるそうです。

旭屋酒店

東京都世田谷区奥沢6-13-8

TEL03-3701-2544

eメールアドレス:ku-asahi@e04.itscom.net

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月23日 (日)

嬉し・楽しワイン会 ③

水曜日は、第16回いっしょにワインを飲みませんか?!の会でした。

テーマは、ソーヴィニヨン・ブラン。

恒例のお楽しみブラインドテイスティングは、

10名のお客さまといっしょに

ソーヴィニヨン・ブラン100%のワインを4種類飲み比べました。

Fullsizerender

フランス ロワール

フランス ボルドー

アメリカ カリフォルニア

ニュージーランド マールボロ

色、香り、味わいの特徴を提示して

ラベルを隠したワインと照らし合わせるテイスティングです。

色は、樽熟成しているか否かで濃さが変わってきます。

品種特有の青草、グレープフルーツの香りは備えつつ、

産地や生産者による個性を香りと味わいで区別します。

この日のワインでは、

ロワールとマールボロのは緑がかった淡いレモンイエロー。

ボルドーとカリフォルニアのが樽熟成のもので、若干色が濃い。

香りは、ロワールは、青りんごや土壌の特徴から火打石のようなスモーキーなニュアンス。

スムーズな口当たりながら舌の奥に芯のある酸味を感じます。

ボルドーは、アプリコット、桃、ムスク、樽熟成からのバターやバニラ。

滑らかな舌触り、桃のキャンディのような果実味と長い余韻。

カリフォルニアは、オレンジの花、レモン。

ボリューム感のある味わい、穏やかな酸味。

マールボロは、まさにパッションフルーツそして熟したフルーツの香り。

口に広がる酸味と甘みのバランスが絶妙で心地よい苦みがアクセント。

産地の個性がわかりやすく、それぞれ美味しいワインでした。

この気軽にワインを楽しんでいただきたい会で

この日一番人気だったのは、

マールボロのソービニヨン・ブランでした。

華やかな香りなんですが、飲み飽きしないしなやかさがあります。

いっしょにワインを飲みませんか?!の会では、

テイスティングした中でお好みだったワインのアンケートを取ります。

1本に票が集まったり、ばらけたリいろいろです。

ワインとの出会いは、「一期一会」ってよく思います。

熟成期間や開ける季節、

いっしょにいただくお料理(ちょっとしたスパイスや調味料の使い方でも違いますよね)、

場面など

ピタッといったときは、印象に残る銘柄になります。

この会は、販売者としてとても勉強になります。

お客さまから「あのワイン美味しかった」と

ご感想をいただけるように活かしていけたら嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月11日 (火)

嬉し・楽しワイン会 ②

「いっしょにワインを飲みませんか?!」の会

テーマを決めてワインをセレクトするのもとても楽しい作業なのです。

ワイン会のテーマは、無限にあると思っています。

ワインは、バラエティー豊か。

赤・白・ロゼ

スティルワイン・スパークリングワイン・酒精強化ワイン・フレーバードワイン

ヌーボー・古酒

ブドウ品種

生産地

生産年

季節

Fullsizerender

このような基本的な分類のほかに

モードや生産方法でも味わいが変わります。

第1回からのテーマを振り返ってみます。

2014年10月22日  第1回 秋に飲みたくなるボルドー赤ワイン

2014年12月17日  第2回 自然派ワイン ヌーボー

2015年4月22日  第3回 北イタリアワイン

2015年5月20日  第4回 ピノ・ノワール

2015年6月17日  第5回 スパークリングワイン

2015年9月2日  第6回 夏の終わりに癒し系自然派ワインで乾杯

2015年10月28日  第7回 シャルドネ

2016年1月20日  第8回 オレンジワインと南米ワイン

2016年2月17日  第9回 アルザスワイン

2016年6月15日  第10回 メルロー、カベルネ・フランの古酒ワイン

2016年8月10日  第11回 フランスとニュージーランドのシャルドネとピノ・ノワール

2016年10月19日  第12回 ブドウ品種違い赤ワイン4種飲み比べ 主要品種編

2016年11月30日  第13回 ブドウ品種違い赤ワイン4種飲み比べ 

2017年1月25日  第14回 東欧ワイン

2017年2月22日  第15回 アメリカのワイン

以降は予定

2017年4月19日  第16回 ソーヴィニヨン・ブラン

2017年5月17日  第17回 自然な味わいのワイン

来てくださった方々が

ワインについての話題を持ち帰えり

その後のワインシーンでも楽しんでいただけると嬉しいです。

                     ~次回に続く~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧